MMOニュース > 業界ニュース 国内ゲームニュース 海外ゲームニュース 業界ニュース プレスリリース倉庫

MMOに関するニュースへのコメント掲示板です。
掲載ニュースは新作情報やβテストなどの稼動スケジュールに関するニュースのほか、運営会社や業界の動向など。
New! は新着12時間以内の記事、Hot! は3日以内にコメントがあった記事です。

半数以上のZ世代が「eスポーツを観戦してみたい」と回答。ジャストシステムが「ゲームに関する利用実態調査」の結果を発表 New!

 ジャストシステムは本日,ネットリサーチサービス「Fastask」を利用して実施した「ゲームに関する利用実態調査【Z世代と中高年編】」の結果を発表した。eスポーツに対する興味関心の度合いや,ゲームアプリの利用状況などを,アンケートを使って調査したものだ。

14(いし)周年が目前! 『RED STONE』2018年末~2019年の展開をプロデューサーに訊く New!

2018年12月19日、『RED STONE』では3職業に修正が入る。本年末と2019年以降のアップデート予定を含め、本作にとって重要な年となる2019年の展望を、日本運営プロデューサーに訊いた。

米政府委員会の学校安全に関する調査報告、ビデオゲームには直接言及せず―ゲーム審査機関へは一定の評価 New!

「ファンタジーライフ オンライン」から「Mirrativ」への配信リンクが設定可能に New!

【プレゼントあり】『TERA』#テラかわいいコンテストの結果が発表。アバターが必ず当たるイベントもスタート New!

2018年12月19日、ゲームオンはPC用オンラインRPG『TERA』において、11月14日より実施していた“#テラかわいいコンテスト”の結果を発表した。

TERA

ソニー,誤ってPS4ゲームのプレイヤー数を明らかに

【App Annie】2019年の市場予測をレポート 世界全体のアプリストアの消費支出は29%増の1120億ドルに ゲームのシェアは60%に拡大

App Annie Japanは、調査ブログ『2019年のモバイル市場を見通す5つのポイント』を発表した。<以下、プレスリリースより>モバイルは消費者の生活にも、企業の成長にも欠かせないものになっています。2018年、モバイル時代の先駆者である『iOS App Store』と『Google Play』の両ストアは10周年を迎えました。アプリストアが次の10年間に乗り出し、アプリ市場は進化し、同時に変化していきます。こうした環境を乗り切ることができるように、2019年に向けて押さえておくべきモバイルの重要トレンドをApp Annieが5つまとめました。2019年モバイル予測レポート:サマリー1. 2019年、世界全体のアプリストア内消費支出は1,220億ドル(約13兆8289億円)超に。2. ゲーム市場全体における、モバイルゲームのシェアが60%に拡大3. エンターテインメントア

インディーズでもスムーズなネットワーク環境を―『モグモグガンガン』の8人同時対戦を支えるモノビットエンジン開発事例

“Amazon Game Developers Day”の基調講演に見るアマゾンの今後のゲーム開発戦略、スクウェア・エニックスの橋本氏も高く評価するクラウドサービスの存在感

2018年12月4日に“Amazon Game Developers Day”が開催。ここではその基調講演の模様をお届けしよう。アマゾンというとECサイトの印象が強いが、じつはゲーム開発を支援する企業でもあったのだ。

「アトリエ オンライン」初のオフラインイベントをレポート。豪華声優陣のコミカルなトークショーや,ゲーム内BGMの生演奏で大いに賑う

 NHNPlayArtとコーエーテクモゲームスが共同開発し,現在サービス中の「アトリエオンライン〜ブレセイルの錬金術士〜」初のオフラインイベントが,2018年12月15日に都内で開催された。ゲームの最新情報が公開されたほか,キャスト陣によるトークショーや,スペシャルバンドの生演奏などが行われたので,本稿でレポートしていこう。

【スマホアプリ今日の1本】「ブロスタ」は“協力バトル”の醍醐味を5分に詰め込み、“頼りになる相棒”の見つけやすさもすごい!

・1プレイ5分にマルチプレイの面白さを凝縮! ・とにかくマッチングがはやい! ・思わずフレンド登録したくなる見事な仕組み

【インタビュー】C#の専門集団として設立されたCygamesの技術開発子会社Cysharp…「C#」第一人者である河合宜文社長に設立の目的や事業内容を訊く

2018年10月30日、Cygamesがゲーム関連コンテンツの企画・開発および技術コンサルティングを行う子会社「Cysharp」の設立を発表(関連記事)した。Cysharpは、C#を中心としたゲーム開発の技術開発とコンサルティング業務などを主な事業内容とする技術開発子会社。代表取締役社長として就任したのは、C#を用いた開発の第一人者である河合宜文氏だ。C#は、マイクロソフトが開発したプログラミング言語。ゲームエンジンUnityでも採用されているため、ゲーム開発において使用する場面が近年増加している。また、モバイルでのネットワーク環境の向上で、高性能なサーバー技術が要求されている中、パフォーマンスと開発効率の両立が可能な言語としてと期待されている。河合氏は、世界中で使われているC#のオープンソースソフトウェアライブラリを複数開発。2011年から現在までMicrosoft MVP for De

2018年のフィナーレを飾る「PUBG」最大のオフイベント「PWI2018」が開催 キルに特化したPKLルール採用でさらに魅力アップ。韓国の強豪を退けSunSister Suicider'sが優勝!

 DMM Gamesは12月16日、国内でチャネリングサービスを展開する「PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS」のオフラインイベント「PUBG JAPAN SERIES WINTER INVITATIONAL 2018(PWI2018)」を、東京日本橋のベルサール日本橋にて開催した。

セガゲームス、2018年最後のオフラインイベント「アークスX'masパーティー2018」を開催来春実装予定の「EPISODE6」に関する最新情報のほか、関連する各種の話題も公開

 セガゲームスは12月15日、渋谷ストリームホールにて2018年最後のオフラインイベントとなる「アークスX'masパーティー2018」を開催した。この日は、来春配信予定の「EPISODE6」で実装される新クラス「ファントム」が先行体験できたほか、ニコニコ生放送で好評放送中の「PSO2」公式番組「PSO2 STATION!」の公開生放送も実施された。ここでは、「PSO2 STATION!」で公開された「EPISODE6」に関する新情報や新規コラボレーション、2019年開催予定のオフラインイベントなどを中心に紹介していく。

PSO2

“グラブルフェス2018”開幕ーー縁日にVR、体験型アトラクションなどが満載! 幕張メッセに騎空士たちが集う

2018年12月15日(土)と16日(日)の2日間にわたって、千葉県の幕張メッセ3〜6ホールにて“グラブルフェス2018”が開催。会場の様子をリポート。

『FFXIV』のバトル開発のキーパーソンである横澤氏にインタビュー。“絶アルテマ”制作裏話やバトル計算式の作りかたなどを直撃!

『FFXIV』リードバトルシステムデザイナーの横澤剛志氏にインタビュー。

中国で開催された「アラド戦記」の世界大会団体戦にて、日本チームが準優勝

 ネクソンは、Windows向けMORPG「アラド戦記」において、11月24日に上海の万国体育中心にて開催されたアラド戦記の世界大会、「DNF F1 World Championship 2018」の団体戦において、日本チームが準優勝した事を発表した。

【特別企画】間口が広くやり込める「マリオカート」のような凝ったゲーム性を! 「モグモグガンガン」に託したベテラン開発者の夢

 対戦は、楽しい。今でこそネット対戦で世界中の人と腕が競えるようになったが、ゲームセンターで腕を競ったり、放課後や休日に友達の家で集まって対戦したり、家族で1つのゲームに夢中になったと言う経験を持つ人も多いだろう。1つのハードに2つのコントローラーをつけたファミリーコンピューターは家族や友達と一緒にプレイする楽しさを提示してくれていたし、Nintendo Switchはその魂を受け継いでいる。

アラド戦記

JeSUが今後の展開を明らかにした記者会見をレポート。AESFと共同で「eSPORTS 国際チャレンジカップ 〜日本代表vsアジア選抜〜」を開催へ

 日本eスポーツ連合(JeSU)は2018年12月13日,同団体の今後の展開に関する記者会見を東京都内で開催した。本会見では,「eSPORTS国際チャレンジカップ〜日本代表vsアジア選抜〜」の開催などがアナウンスされた。

Epic Gamesが、『フォートナイト』のクロスプレイ技術を他開発者に無料で提供へ。ハードを跨いだ対戦やボイスチャット機能を全エンジンで実装可能

Epic Gamesは12月13日、オンラインマルチプレイゲームにおけるクロスプラットフォームプレイ技術を無料で公開すると発表した。全エンジン・プラットフォームを対象に、『フォートナイト』で採用されるクロスプレイ技術が無料で提供されることになる。

経産省と公取委、総務省、「デジタル・プラットフォーマーを巡る取引環境整備に関する検討会」中間論点整理を公開…基本原則の策定と具体的措置を早急に

経済産業省と公正取引委員会、総務省は、本日(12月12日)、「デジタル・プラットフォーマーを巡る取引環境整備に関する検討会」において、事業者ヒアリングの結果を踏まえて中間論点整理を取りまとめた。中間論点整理(案)では、デジタル・プラットフォー マーを取り巻く課題や対応について検討したもので、中間論点整理を踏まえ、経済産業省、公正取引委員会、総務省等の関係省庁において、基本原則の策定及び具体的 措置の実施を早急に進める、としている。【主な論点】1.デジタル・プラットフォーマーの意義・特性デジタル・プラットフォームは、利用者である事業者(中小企業等)や消費者に様々なメリットをもたらす一方、ネットワーク効果等により、一部のデジタル・プラットフォーマーが寡占化・独占化する傾向がみられる。2.デジタル・プラットフォーマーに対する法的評価の視点巨大デジタル・プラットフォーマーに対する世界的な規制の動向

総額1000万円以上の“100グラボ”は圧巻の一言。「黒い砂漠」アップデートカンファレンスをレポート

 ゲームオンは12月1日に,同社がサービス中のMMORPG「黒い砂漠」に関して,韓国で発表された今後のロードマップを公式サイトで公開した。これが日本ではどのように導入される予定なのか,メディア向けにカンファレンスが行われたので,その内容をお届けしよう。

【Gzブレイン調査】2018年の国内eSports市場は13倍の48.3億円と急拡大 2022年には99.4億円に 

Gzブレインは、2018年の日本国内におけるeスポーツ市場規模について、前年比13倍の48.3億円だったと発表した。2022年には99.4億円まで伸びるとの見通しも示した。発表ではこのほか、市場の成長予測やファン数(試合観戦・動画視聴経験者)の推移を発表した。<プレスリリースより>◆ 2018年国内eスポーツ市場規模は、前年比13倍の48.3億円に。2018年の日本eスポーツ市場規模は、前年比13倍の48.3億円となりました。今年2月、「日本eスポーツ連合(JeSU)」の発足とプロライセンスの発行開始を皮切りに、eスポーツに関する報道が急増、また、各テレビ局によるeスポーツ関連番組の放送開始に伴い、スポンサーシップに関わる収益が拡大しました。さらに、『Fortnite(フォートナイト)』、『PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS(PUBG)』といったタイトルのゲ

スマホゲーム業界のマーケティングカオスマップ(β版)が公開―ゲームのライフサイクルに合わせる形で分類・整理

黒い砂漠

『レインボーシックス シージ』不適切発言の取り締まり方を改良。自動検出&フィルタリングと手動審査の組み合わせ

『レインボーシックス シージ』のテキストチャット内での誹謗中傷・人種差別的発言など不適切な発言の取り締まりが改良された。不適切ワードの自動検出とフィルタリング、Ubisoftによる手動審査を組み合わせることで、発言者と読み手の両者に対する対応を改善する試みだ。

ゲームのアカウント育成や成績向上を代行する「ブースト行為」が、韓国にて“法律”で禁止へ。最大200万円の罰金措置

韓国にて、ブースト行為を禁止する法律が可決された。韓国国会において、ゲーム産業促進法改正案が通過し、料金を支払いゲームのアカウントのレベルアップを代行してもらうサービスを全面的に禁じるという。ゲーム単位ではなく、国家レベルで禁止するという大胆な施策だ。

オンラインゲーム開発のソフトギア、グラフィック制作のデジタルポケットを吸収合併 グラフィック制作能力を強化へ

オンラインゲーム開発のソフトギアがデジタルポケットを吸収合併することがわかった。この日(12月11日)付の「官報」に掲載された合併公告で判明した。デジタルポケットは解散する。ソフトギアはオンラインゲームの受託開発やライブラリ開発・販売、コンテンツサービスを主力事業としている。オンラインコンテンツ向けの技術開発からオンラインゲーム開発/運営開発までをワンストップで提供している。また、デジタルポケットは、3Dや2Dなどのキャラクターデザインのほか、UIの制作などを行っており、グラフィック制作能力の強化が狙いとみられる。  

【MMD研究所調査】「2018年版:スマートフォン利用者実態調査」を実施…遊んでいるゲームアプリの上位は『ツムツム』『ポケGO』『パズドラ』

MMD研究所は、コロプラ<3668>が提供するスマートフォン向けインターネットリサーチサービス「スマートアンサー」にて共同調査の第19弾として「2018年版:スマートフォン利用者実態調査」を実施した。 なお、今回の調査は、スマートフォンを所有する15歳~59歳の男女2,718人を対象に2018年10月31日~11月1日の期間に実施している。 ■スマートフォンの利用時間「2時間以上3時間未満」が24.1%、「3時間以上4時間未満」が18.5%タブレットの利用時間「30分未満」が24.8%、「1時間以上2時間未満」が18.1%スマートフォンを所有する15歳から59歳の男女(n=2,718)を対象に、スマートフォン以外でインターネットに接続できる機器の所有(複数回答可)について聞いたところ、「ノートパソコン」が61.4%と最も多く、次いで「テレビ」が42.3%、「

FPSの開発一筋12年のクリエイターが語る、人間の本能と心理を応用したレベル制作。スムーズにマルチプレイを楽しんでもらうために【CEDEC+KYUSHU 2018】

2018年12月1日、福岡市の九州産業大学にて行われたCEDEC+KYUSHU 2018から、“人間の本能と心理を利用したFPSのレベル制作”をお届けする。

ゲームの承認が凍結されていた中国に,オンラインゲーム倫理委員会が新設される。すでに20タイトルの審査を実施

オーストラリアのストリーマー『フォートナイト』配信中に妻へ暴力を振るい逮捕

「荒野行動」、大規模オフラインイベント「荒野行動1周年感謝祭」を開催有名配信者からアーティストまで勢ぞろい!

 NetEaseは12月9日、Android/iOS用バトルロイヤル「荒野行動」が11月に1周年を迎えたことを記念して、東京・晴海のCROSS DOCK HARUMIにて「荒野行動1周年感謝祭」を開催した。

PS4版『PUBG』は実際どうなのか?インベントリ等に不満がありつつも「王道の面白さ」を確認【特集】

ローソンの「からあげクン」が『ファイナルファンタジーXIV』とコラボ決定! 1月22日より「にんにく焦がしマー油味(リミットブレイクフレイバー)」を発売

ローソンは、12月7日、「からあげクン」とスクウェア・エニックスの『ファイナルファンタジーXIV』がコラボした「にんにく焦がしマー油味(リミットブレイクフレイバー)」を、1月22日より発売することを発表した。また、本商品はモーグリとからあげクンがコラボしたオリジナルパッケージとなっている。 特設ページ

FinalFantasy14

10周年を迎えたMOFPS「AVA」運営チームに10年間の思い出と“これから”を聞いた

 ゲームオンのオンラインFPS「AllianceofValiantArms」は,12月1日にサービス開始から10周年を迎えた。そんな節目の年ということで,これまでの10年と“これから”について,日本運営チームの大濱学士氏と,氏が率いる「アヴァレンジャイ」に聞いた。

『白猫プロジェクト』×『モンスターストライク』衝撃コラボはなぜ実現したのか? その裏側をキーマンたちに聞く

2018年11月24日から12月14日まで、スマホゲームアプリ『白猫プロジェクト』で開催中の『モンスターストライク』とのコラボ企画。人気タイトルどうしの衝撃コラボはどのように実現にいたったのか? その経緯をキーマンたちに聞いた。

「The Game Awards 2018」各部門受賞作品リスト―『RDR2』が最多4部門受賞!【TGA2018】

スマホゲーム会社の雇用動向(45) KLab、第3四半期の従業員数は21人増の584人に拡大…引き続き人員増強フェーズに

KLab<3656>は、11月8日に開示した第3四半期(18年7~9月)の決算説明会資料で、グループ従業員数が前四半期比で21人増の584人になったことを明らかにした。これは直接雇用されている正社員の人数で、契約社員とアルバイトは含んでいないとのこと。内訳を見ると、海外が3人増の50人、国内が18人増の534人に増えた。2017年の第3四半期より人員増強フェーズに移行しており、採用力を強化しているという。 【関連記事】・【決算まとめ】ゲーム関連企業32社の7-9月…32社中13社が営業赤字に モバイルゲーム大手の利益率もさらに低下 グローバルで飛躍するアカツキとKLab・【速報】KLab、3Qは売上高36%増、営業益24%増と2ケタ超の増収増益に 『キャプテン翼』や『ブレソル』の好調が寄与・KLab、7~9月の海外売上高は30億円の大台突破し過去最高を更

AVA

「Yahoo!検索大賞2018」発表会が開催。ゲーム部門は「MONSTER HUNTER: WORLD」が受賞

 2018年12月5日,東京の虎ノ門ヒルズにてヤフー主催による「Yahoo!検索大賞2018」発表会が開催された。これは,前年と比較して検索数が最も急上昇した人物や製品などを表彰するもので,カルチャーカテゴリーのゲーム部門はカプコンの「MONSTERHUNTER:WORLD」が受賞した。

Epic Gamesがゲーム配信プラットフォーム「Epic Games Store」を発表。収益の88%が開発者の取り分となる,Steamより高い収益分配率に

 EpicGamesは,独自のゲーム配信プラットフォームとなる「EpicGamesStore」を発表した。最大の特徴は,ゲーム開発者がその収益の88%を受け取り,EpicGames側はサーバー運営費として12%を徴収するというビジネスモデル。その高い収益分配率から,Steamの大きなライバルとなりそうだ。

お金をかけてもいいeスポーツの1位は?「20代の金銭感覚についての意識調査2018」が公開に

海外:ガンホー子会社Gravityの『Ragnarok M: Eternal Love』が引き続き東南アジアで好調…タイ、インドネシア、フィリッピン、シンガポールで首位

ガンホー・オンライン・エンターテイメント<3765>子会社の韓国Gravityが運営するモバイルオンラインゲーム『Ragnarok M: Eternal Love』が東南アジア地域を席巻している。タイとインドネシア、フィリピンのApp StoreとGoogle Playのセールスランキングで首位の座をキープしている。東南アジアトップタイトルとしての地位を確立したといってよさそうだ。本作は、PCで人気を博した人気MMORPG『ラグナロクオンライン』のモバイルゲーム版にあたる。3D技術を活用しながら、『ラグナロクオンライン』をモバイルで再現した。Gravityは、10月30日に東南アジアでリリースしたが、その2日後となる11月1日にApp Storeのセールスランキングで首位を獲得し、Google Playでも11月4日には3カ国に加えてシンガポールでも首位となった。このほか、ラオ

ルートボックス規制を巡り米国FTC(連邦取引委員会)が調査を約束する中、業界団体IGDAが自主規制を呼びかける。政府による介入か、自主規制か

ルートボックスの規制に向けた機運が高まる中、米国FTCがルートボックスの調査に踏み切ることを約束。業界団体IGDAは政府による規制が設けられる前に自主規制を進めるべきだと呼びかけている。本稿ではルートボックスに関する各国・各団体の動向をおさらい。

Access Accepted第596回:批判を受ける2018年の超大作

 2018年も最後の月に突入し,アメリカはショッピングシーズンたけなわ。大作や注目作もこのシーズンに向けて次々に市場投入され,良好なセールスを記録しているようだが,中には思わぬ批判を受けてしまったタイトルもある。今週は,ゲームビジネスの難しさを痛感させる出来事を紹介したい。

複数進行中の『ディアブロ』プロジェクト、新情報は2019年発表へ。『ディアブロ イモータル』の不評を受けて念押しのアナウンス続く

『ディアブロ』の新作情報を2019年に発表すると、Blizzardがアナウンス。同シリーズについては、今年11月に発表した『ディアブロ イモータル』以外にも複数のプロジェクトが動いていると繰り返し伝えていたが、このたび、次の1年間で何かしらの発表を行うと明確に告知した形となる。

Aiming、MMORPG「CARAVAN STORIES」初のファンミーティング1周年感謝祭をレポート。新コンテンツ・エニグマ攻略指令もお披露目に

 Aimingは2018年11月24日,「CARAVANSTORIES」1周年感謝祭ファンミーティングをベルサール秋葉原で開催した。本イベントでは,限定グッズの販売やスタンプラリー,PS4版の試遊,ミニステージでのトークショーなど,複数のコーナーが展開された。本稿ではそのイベントの模様をレポートしよう。

『フォートナイト』アカウント統合システムの実装が2019年上旬まで延期ー技術的な懸念事項のため

日本オンラインゲーム協会がカナダのISNSと相互協力に関する覚書を締結

中国テンセントが、ゲームの「顔認証システム」を導入開始。認証しない場合、12歳以下と識別されゲームが「1日1時間」しか遊べなくなる

今月11月28日、中国会社テンセントが自社の人気ゲーム『王者栄耀』に顔認証システムを導入すると発表した。顔認証を拒むか、または認証された情報と公安の実名情報が一致しない場合、一律で12歳以下の児童であると認定され、1日に1時間しかゲームがプレイできなくなる。

カプコン、アクションMORPG『ドラゴンズドグマ オンライン』“シーズン3.4”直前インタビュー「黒竜は悪しき竜以上の強さを誇る!」

2018年12月6日に“シーズン3.4”アップデートが実施される『ドラゴンズドグマ オンライン』。新たに追加されるストーリーやモンスター、コンテンツといった要素について、プロデューサー・松川美苗氏とディレクター・木下研人氏に話をうかがった。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 次へ >>