MMOニュース 国内ゲームニュース 海外ゲームニュース 業界ニュース プレスリリース倉庫

MMOに関するニュースへのコメント掲示板です。
掲載ニュースは新作情報やβテストなどの稼動スケジュールに関するニュースのほか、運営会社や業界の動向など。
New! は新着12時間以内の記事、Hot! は3日以内にコメントがあった記事です。

セガゲームス、2018年最後のオフラインイベント「アークスX'masパーティー2018」を開催来春実装予定の「EPISODE6」に関する最新情報のほか、関連する各種の話題も公開 New!

 セガゲームスは12月15日、渋谷ストリームホールにて2018年最後のオフラインイベントとなる「アークスX'masパーティー2018」を開催した。この日は、来春配信予定の「EPISODE6」で実装される新クラス「ファントム」が先行体験できたほか、ニコニコ生放送で好評放送中の「PSO2」公式番組「PSO2 STATION!」の公開生放送も実施された。ここでは、「PSO2 STATION!」で公開された「EPISODE6」に関する新情報や新規コラボレーション、2019年開催予定のオフラインイベントなどを中心に紹介していく。

PSO2

Cygames、12月15日、『グランブルーファンタジー』をベースにしたPlayStation4向けの新作アクションRPGの正式名称を『GRANBLUE FANTASY Relink』(グランブルーファンタジー リリンク)として発表した。発売日に関して明らかになっていない。グラブルフェス2018での実機を使ったお披露目プレイでは、システムは完成に近い状態のバージョンであること、UIやフォントなど『グランブルーファンタジー』であるとすぐにわかるように意識したことなどが明かされた。またゲーム中の背景なども同タイトルのイラストを表現したいと注力しているポイントでもあるようだ。なお4人までのマルチプレイにも対応しているとのこと。なお同タイトルはCygamesとプラチナゲームズの共同開発になる。 *画像は放送時のキャプチャをしたもの。  

“グラブルフェス2018”開幕ーー縁日にVR、体験型アトラクションなどが満載! 幕張メッセに騎空士たちが集う

2018年12月15日(土)と16日(日)の2日間にわたって、千葉県の幕張メッセ3〜6ホールにて“グラブルフェス2018”が開催。会場の様子をリポート。

海外:ブリザードのMOBA『Heroes of the Storm』開発規模が縮小、未発表プロジェクトなどにスタッフを移行

海外:新作サンドボックスRPG『Hytale』発表! 『マインクラフト』有名サーバーの運営者が開発

『FFXIV』のバトル開発のキーパーソンである横澤氏にインタビュー。“絶アルテマ”制作裏話やバトル計算式の作りかたなどを直撃!

『FFXIV』リードバトルシステムデザイナーの横澤剛志氏にインタビュー。

中国で開催された「アラド戦記」の世界大会団体戦にて、日本チームが準優勝

 ネクソンは、Windows向けMORPG「アラド戦記」において、11月24日に上海の万国体育中心にて開催されたアラド戦記の世界大会、「DNF F1 World Championship 2018」の団体戦において、日本チームが準優勝した事を発表した。

 任天堂は12月14日、「大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL」において、更新データVer.1.2.0の配信を開始した。

海外:最大500人対戦も!SFMMOシューター『PlanetSide Arena』発表―バトルロイヤルも搭載

【特別企画】間口が広くやり込める「マリオカート」のような凝ったゲーム性を! 「モグモグガンガン」に託したベテラン開発者の夢

 対戦は、楽しい。今でこそネット対戦で世界中の人と腕が競えるようになったが、ゲームセンターで腕を競ったり、放課後や休日に友達の家で集まって対戦したり、家族で1つのゲームに夢中になったと言う経験を持つ人も多いだろう。1つのハードに2つのコントローラーをつけたファミリーコンピューターは家族や友達と一緒にプレイする楽しさを提示してくれていたし、Nintendo Switchはその魂を受け継いでいる。

アラド戦記

 GAMEVILCOM2USJapanは本日(2018年12月13日),スマホ向けMMORPG「ヴェンデッタ」でアップデートを実施した。今回のアップデートではギルド関連の新コンテンツとして,新たに“ギルドレイド”と“ギルド領地”が追加されている。

コアエッジは、PCブラウザゲーム『みんなで にゃんこ大戦争』のサービスを2019年1月31日13時をもって終了する。本作は、ポノスの人気スマートフォン用アプリ『にゃんこ大戦争』のスピンアウトアプリで、2017年8月より各種ブラウザゲームプラットフォームでサービ提供が行われている。サービス開始から約1年半でサービス提供を終える。 公式サイト© PONOS Corp.Published by CORE EDGE.

Netmarble(ネットマーブル)は、『リネージュ2 レボリューション(Lineage2 Revolution)』において、12月13日(木)に、年末年始3大アップデート第1弾を実施し、クリスマスフェスティバルや要塞戦~冬の陣~など冬模様のイベントを開始することを発表した。◆ 年末年始3大アップデート特設サイト公開!第1弾アップデート「戦」実施! 本日12月13日(木)のアップデートにて、冬がテーマとなる様々なイベントやアイテムを追加した。新マップの雪降る要塞にて熱いバトルを繰り広げる「要塞戦~冬の陣~」では、大量の「戦士の証」を獲得できるほか、新ギミックなどが登場し、新たな戦略要素が加わっている。そのほか、凍結効果の特性を持つ強力な新マント「堅守なる氷結のマント」やペンギンになりきれる「クリスマス記念コスチューム」など、かっこよく、そしてかわいい姿でリネレボの冬を楽しめる。◆

 ナイアンティックとポケモンはAndroid/iOS用位置情報ゲーム「ポケモンGO」にて、12月13日に「トレーナーバトル」機能を実装した。

ネクソンは、MMORPG『Tree of Savior』で新アイテムや新イベントを追加する大型アップデートを実施したことを発表した。

 ネクソンは2018年12月12日,PC向けMMORPG「メイプルストーリー」の大型アップデート「BlackMage」第1弾となる,「英雄集結」を実装した。メイプルストーリーのラスボス「暗黒の魔法使い」との,最後の戦いが始まる。その戦いを支援する“爆速”育成イベント「テラバーニング」にも注目だ。

Cygamesは、本日(12月13日)、『グランブルーファンタジー』の登録者数が2300万人を突破したことを発表した。また、これを記念した「2300万人突破キャンペーン」を12月14日より開催する。 ■2300万人突破キャンペーン開催!【全体開催期間】2018年12月14日(金)5:00 ~ 12月22日(土)4:59 【1】キャンペーン限定クエスト追加キャンペーン期間限定で挑戦可能なクエスト。詳細はゲーム内にて確認できる。開催期間:2018年12月14日(金)17:00 ~ 12月21日(金)20:59 【2】1日1回 レジェンドガチャ無料キャンペーン期間中、1日1回「レジェンドガチャ」を無料で引くことができる。開催期間:2018年12月14日(金)5:00 ~ 12月22日(土)4:59※毎日5:00に更新される。 【3】2300万人突破記念スタ

海外:見下ろし視点の戦争MMO『Foxhole』に大規模アップデート「Foundation of War」配信!

X-LEGEND ENTERTAINMENT JAPANは、『暁のエピカ -Union Brave-』において、メインストーリーや戦力を上げることができる「王者覚醒」システム、乗り物に英雄と2人で乗ることができる「2人乗り」機能など、新機能の追加を含む大型アップデート実施した。 また、報酬として強化アイテムや、乗り物「クリスマスカピ太郎」を獲得できる期間限定クリスマスイベントを開催するほか、期間限定乗り物や新しいアバターも登場した。 (以下、プレスリリースより) ■大型アップデート実施!メインストーリーの追加、新機能が登場!2018年12月12日(水)に、メインストーリーの追加や戦力を上げることのできる「王者覚醒」システム、豪華報酬のもらえる「師弟」システム、新ダンジョンの実装を含む、大型アップデートを実施いたしました。 【主なアップデート内容をご紹

JeSUが今後の展開を明らかにした記者会見をレポート。AESFと共同で「eSPORTS 国際チャレンジカップ 〜日本代表vsアジア選抜〜」を開催へ

 日本eスポーツ連合(JeSU)は2018年12月13日,同団体の今後の展開に関する記者会見を東京都内で開催した。本会見では,「eSPORTS国際チャレンジカップ〜日本代表vsアジア選抜〜」の開催などがアナウンスされた。

Epic Gamesが、『フォートナイト』のクロスプレイ技術を他開発者に無料で提供へ。ハードを跨いだ対戦やボイスチャット機能を全エンジンで実装可能

Epic Gamesは12月13日、オンラインマルチプレイゲームにおけるクロスプラットフォームプレイ技術を無料で公開すると発表した。全エンジン・プラットフォームを対象に、『フォートナイト』で採用されるクロスプレイ技術が無料で提供されることになる。

Eyedentity Games Japanは、本日(12月13日)16時より、『ドラゴンネストM』の正式サービスを開始する。なお、サービス開始に先行して、App StoreとGoogle Playでの事前ダウンロードを開始している。本作は、日本を含む全世界14の国と地域で配信され人気を博したPCオンラインゲーム『ドラゴンネスト』をベースに開発された華麗で痛快なコンボアクションが特徴の3DアクションRPG。プレイヤーは「ウォーリアー」「クレリック」など複数の職業から好きな職業を選び、1000種類を超える装備やコスチュームでキャラクターをカスタマイズし、自分だけのアバターで広大な世界を冒険することになる。また、他のプレイヤーと協力して強大なボスを討伐する「ネスト」を始め、プレイヤー同士で最強を競う「闘技場」や、ほのぼのとした生活を楽しめる「農園」など、非常に豊富なコンテンツをお楽しみいただけ

海外:惑星開拓サバイバルMMO『Population Zero』トレイラー! 古代の謎を解き明かせ

TreeOfSavior

 ゲームオンは,同社がサービス中のMMORPG「TERA:TheExiledRealmofArborea」にて,新コンテンツ「釣り」の追加を含むアップデートを本日実施した。製作・採集などの生活系コンテンツがリニューアルされている。

 X-LEGENDENTERTAINMENTJAPANは本日,MMORPG「幻想神域-CrosstoFate-」にてアップデートを実施し,特殊ダンジョン「魔王奇譚」の第2弾を実装した。クリスマスイベントや全プレイヤー参加型ダンジョン,新たな幻神「めりくりんご少女・白雪姫」なども登場している。

経産省と公取委、総務省、「デジタル・プラットフォーマーを巡る取引環境整備に関する検討会」中間論点整理を公開…基本原則の策定と具体的措置を早急に

経済産業省と公正取引委員会、総務省は、本日(12月12日)、「デジタル・プラットフォーマーを巡る取引環境整備に関する検討会」において、事業者ヒアリングの結果を踏まえて中間論点整理を取りまとめた。中間論点整理(案)では、デジタル・プラットフォー マーを取り巻く課題や対応について検討したもので、中間論点整理を踏まえ、経済産業省、公正取引委員会、総務省等の関係省庁において、基本原則の策定及び具体的 措置の実施を早急に進める、としている。【主な論点】1.デジタル・プラットフォーマーの意義・特性デジタル・プラットフォームは、利用者である事業者(中小企業等)や消費者に様々なメリットをもたらす一方、ネットワーク効果等により、一部のデジタル・プラットフォーマーが寡占化・独占化する傾向がみられる。2.デジタル・プラットフォーマーに対する法的評価の視点巨大デジタル・プラットフォーマーに対する世界的な規制の動向

 エヌ・シー・ジャパンは,PC向けMMORPG「リネージュ2」のライブサービス,そしてクラシックサービス同時となるアップデートを,本日実施した。本日は「L2Day」(エルツーデイ)こと“リネージュ2の日”。両サービスで,これを記念したスペシャルイベントが始まっている。

エイタロウソフトは、『ブレイブオンライン~残された光~』のサービスを2018年12月下旬をもって終了することを発表した。本作は、異世界ファンタジー世界を舞台とし、懐かしくも可愛らしいドット絵で描かれたキャラクターたちが縦横無尽に駆け巡る本格派MMORPG。2013年7月11日にiOS版、同年10月29日にAndroid版のサービスを開始しており、iOS版のサービス開始から約5年5カ月でのサービス終了となる。© eitarosoft,inc. All Rights Reserved.

総額1000万円以上の“100グラボ”は圧巻の一言。「黒い砂漠」アップデートカンファレンスをレポート

 ゲームオンは12月1日に,同社がサービス中のMMORPG「黒い砂漠」に関して,韓国で発表された今後のロードマップを公式サイトで公開した。これが日本ではどのように導入される予定なのか,メディア向けにカンファレンスが行われたので,その内容をお届けしよう。

 エヌ・シー・ジャパンは,PC向けMMORPG「TheTowerofAION」に向けたアップデート「凍てついた聖物」を,予告どおり本日実施した。第三龍帝エレスギガルとの決戦に向け,“最上級のPvE装備”が手に入るダンジョンなどが実装。“レベル75の新キャラをいきなり作れる”企画にも注目だ。

【Gzブレイン調査】2018年の国内eSports市場は13倍の48.3億円と急拡大 2022年には99.4億円に 

Gzブレインは、2018年の日本国内におけるeスポーツ市場規模について、前年比13倍の48.3億円だったと発表した。2022年には99.4億円まで伸びるとの見通しも示した。発表ではこのほか、市場の成長予測やファン数(試合観戦・動画視聴経験者)の推移を発表した。<プレスリリースより>◆ 2018年国内eスポーツ市場規模は、前年比13倍の48.3億円に。2018年の日本eスポーツ市場規模は、前年比13倍の48.3億円となりました。今年2月、「日本eスポーツ連合(JeSU)」の発足とプロライセンスの発行開始を皮切りに、eスポーツに関する報道が急増、また、各テレビ局によるeスポーツ関連番組の放送開始に伴い、スポンサーシップに関わる収益が拡大しました。さらに、『Fortnite(フォートナイト)』、『PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS(PUBG)』といったタイトルのゲ

KLab<3656>は、本日(12月12日)、事前登録受付中のモバイルオンラインRPG『禍つヴァールハイト』について、2018年に配信開始を予定していたが、2019年に変更することを明らかにした。ゲームのクオリティ向上のため、としている。同社では、「本作を心待ちにしてくださっている皆様には、心よりお詫び申し上げます。」と謝罪した。さらに作り込まれたゲームに期待しよう。 特設ページ公式TwitterGoogle Play©KLabGames

海外:海賊ファンタジーMMO『ATLAS』Steam早期アクセス開始延期へー12月20日配信に変更

 ロックスター・ゲームスは、プレイステーション 4/Xbox One用オープンワールドアクション「GTAオンライン」にてアップデート「アリーナウォーズ」を実装した。

スマホゲーム業界のマーケティングカオスマップ(β版)が公開―ゲームのライフサイクルに合わせる形で分類・整理

​CTWは、本日12月11日より、新作HTML5ゲーム『ガールズ&クリーチャーズ』をゲームサービス「G123.jp」で正式リリースした。本作は、次々に現れるモンスターを仲間と共に倒していくMMORPG。一見ありがちかと思いきや、全く異なる2つの世界を同時に楽しめる。◆簡単操作寝ている間に簡単レベルアップ、たくさんある装備もワンタップでまとめて強化など、煩わしい操作は一切なし。バトルもオートで進むので、RPGゲームの美味しいところだけをノーストレスで大いに楽しめる。◆異なる世界観勇者サイドについて人間の少女と魔王に立ち向かうか、魔王サイドについて人外の少女と勇者の行く手に立ちはだかるか。どっちを選ぶかによって増える仲間やステージ背景も違うので楽しみ方はユーザー次第。◆豊富なクエスト与えられた任務をクリアするか、他のプレイヤーとの一騎打ちでトップを目指すか、魔獣や騎獣を倒して仲間にする

幻想神域

『レインボーシックス シージ』不適切発言の取り締まり方を改良。自動検出&フィルタリングと手動審査の組み合わせ

『レインボーシックス シージ』のテキストチャット内での誹謗中傷・人種差別的発言など不適切な発言の取り締まりが改良された。不適切ワードの自動検出とフィルタリング、Ubisoftによる手動審査を組み合わせることで、発言者と読み手の両者に対する対応を改善する試みだ。

韓国:韓国Netmable、新作モバイルMMORPG『ブレード&ソウルレボリューション』をリリース…リリース当日にApp Store売上ランキングで首位獲得!

韓国Netmableは、新作モバイルMMORPG『ブレード&ソウルレボリューション(블레이드&소울 레볼루션)』を韓国App StoreとGoogle Playで12月6日にリリースした。先行ダウンロードを実施しており、App StoreとGoogle Playの無料ランキングで首位を獲得したが、App Storeではリリース当日に売上ランキングで首位を獲得し、現在も首位をキープしているほか、Google Playでも12月10日現在、2位に付けている。本作は、PCオンラインゲームとして人気を博したMMORPG『ブレード&ソウル』のモバイルゲーム版にあたる。原作の膨大な世界観と、コンテンツをモバイルに再解釈したという。Unreal Engine 4で製作された最高レベルのフル3Dグラフィックスをもとに高クオリティシネマティックな演出と、メインシナリオに忠実なストーリー、軽システム、

ゲームのアカウント育成や成績向上を代行する「ブースト行為」が、韓国にて“法律”で禁止へ。最大200万円の罰金措置

韓国にて、ブースト行為を禁止する法律が可決された。韓国国会において、ゲーム産業促進法改正案が通過し、料金を支払いゲームのアカウントのレベルアップを代行してもらうサービスを全面的に禁じるという。ゲーム単位ではなく、国家レベルで禁止するという大胆な施策だ。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 次へ >>