MMOニュース 国内ゲームニュース 海外ゲームニュース 業界ニュース プレスリリース倉庫

MMOに関するニュースへのコメント掲示板です。
掲載ニュースは新作情報やβテストなどの稼動スケジュールに関するニュースのほか、運営会社や業界の動向など。
New! は新着12時間以内の記事、Hot! は3日以内にコメントがあった記事です。

MMOニュース 一覧

RAGNAROKONLINE

海外:移植は困難?Oculus Quest/Go版「マイクラ」開発者がコメント

サンドボックスゲーム「マインクラフト」の一体型VRヘッドセットOculus GoとOculus Quest(オ […]

Rockstar Gamesの未発表作品の開発に『ライオットアクト 2』のデベロッパーが参加。オンラインマルチプレイ要素を担当か

デベロッパーRuffian Gamesが、現在新たなスタッフを募集中だ。その目的について、Rockstar Gamesの何らかのタイトルを手がけるためであるとしており注目を集めている。

「League of Legend」運営、大会配信でデリケートな話題避けるよう選手やキャスターに求める

「Hearthstone」の大会で政治的発言をした選手が処分されたことが背景にあります。

『フォートナイト』になにが? ブラックホールのようなものがすべてを吸い込みプレイ不能に

『Fortnite(フォートナイト)』が2019年10月14日午前3時ごろからプレイできない状態になり、話題になっている。

10月12日~13日に接近する台風19号、ゲーム業界の動きは?

“野生のポケモンが消えた”『ポケモンGO』である日空白地帯となった島の住人が悲痛な叫び

『ハースストーン』大会で政治的発言を行った選手の処分が一部軽減、賞金剥奪は撤回に

 PC用のMMORPGは数多くリリースされているが、中でもキャラクターがかわいく、PCのスペックがあまり高くなくてもプレイできるシリーズは幅広い層に支持されているように思う。韓国のActozSoft社が開発し、HappyTukが運営する「トキメキファンタジー ラテール」も国内でサービス展開するMMORPGの1つだが、こちらもキャラクターのかわいらしさや手軽に遊べるところがポイントのPC向けMMORPGだ。

「ハースストーン」の中継で出た政治的発言と選手の処罰をめぐる出来事が議論に

 BlizzardEntertainmentが,「ハースストーン」の公式大会で政治的発言を行った香港のプレイヤーに重い処罰を下し,それが一般メディアを巻き込んだ大きな議論に発展している。現在進行中の出来事だが,週刊連載「AccessAccepted」でおなじみの奥谷海人氏が,現段階で起きていることをまとめた。

ドラゴンオープンワールドゲーム、爆発的な人気で目標額の40倍の資金を集める。成功の裏にあったのは『ハリー・ポッター』の偶然

ドラゴンオープンワールドゲーム『Day of Dragons』のKickstarterキャンペーンが、10月頭に終了した。最終的に集めた資金は約53万ドル(約5700万円)。大きな成功の裏には、ちょっとした偶然が存在していたようだ。

韓国:スマホ向けMMORPG「V4」のサービスが韓国国内で11月7日にスタート。プレイするサーバーとキャラ名を先取りできるイベントも開催中

 NexonKoreaは2019年10月10日,スマホ向け新作MMORPG「V4」のサービスを,韓国国内で11月7日に開始することを発表した。これに先駆けて,ゲームをプレイするサーバーとキャラクター名を先取りできるイベントが,11月3日まで開催されている。

アエリア子会社のエイジが減資 資本金を8230万円、準備金を2164万円減らす

アエリア<3758>グループのエイジは、10月10日付けの官報に「資本金及び準備金の額の減少公告」を掲載し、資本金を8230万円、準備金を2164万円減らし、それぞれ3000万円、622万円にすることを明らかにした。株主総会の決議は9月27日に終了しているとのこと。同社は、ガマニアデジタルエンターテインメントだったが、2014年12月にアエリアグループ入りし、2015年5月に現在の社名に変更した。『感染×少女』や『てのひらワンコ』『てのひらニャンコ』の運営を行っており、2018年12月期の業績は6400万円の最終赤字だった。 

ライアットゲームズ、『LoL』大会中の“香港”言い換えに対し、「検閲指示は行っていない」

【ゲームエイジ総研調査】9月のゲーム市場のアクティブユーザー数は218万人増の3590万人…ゲーム専用機が引き続き好調

ゲームエイジ総研は、昨日(10月10日)、「Monthly Game Trend Ratings Plus(マンスリー・ゲーム・トレンド・レイティング・プラス)」第96号(2019年10月号)を公開し、9月のゲーム市場全体のユーザー規模は前月比218万人増の3590万人だったとする調査結果を発表した。前年同月比では33万人減った。内訳をみると、ゲーム専用機が前月比82万人増、前年同月比では140万人増と好調だった。『モンスターハンターワールド:アイスボーン』など注目作が多数発売されたことが要因だという。他方、汎用機は、前月比で272万人増、前年同月比では112万人減だった。前月比ではアクティブ数が回復しており、 9月のゲーム市場全体を盛り上げたとコメントしている。 

Blizzardが下したeスポーツ選手処分の余波まとめ。『オーバーウォッチ』のメイを香港デモのシンボルにして、中国発禁に追い込もうとする運動も

『ハースストーン』のプロ選手が、試合後のインタビューで香港デモを支持する発言をしたことで処分。運営元Blizzardを対象としたボイコット運動に発展した。『オーバーウォッチ』のメイを香港デモのシンボルにすることで、同作を中国発禁に追い込もうとする運動も。

Netmarble(ネットマーブル)は、本日(10月10日)より、『リネージュ2 レボリューション (Lineage2 Revolution)』において、ハロウィンを記念したアップデートを実施した。本アップデートでは、新フィールドボスや武器コスチュームのレアスキルエフェクト変更機能などを追加したほか、ハロウィンイベントを多数開催している。◆人型特性モンスターの新フィールドボス「アスムント」登場!「アデン南部平原」に人型特性モンスターのフィールドボス「アスムント」を追加した。アスムントは不特定多数のキャラクターに弱体化効果を与え一定時間経過後に強力なダメージを周辺に与えたり、移動を妨害するなどのスキルを多用する強敵。対戦する際には人型特性装備の特性を上げて心強い仲間達とともに挑もう。討伐報酬として、追加されたばかりのレアスキル:ホーリーショックのスキルページや、LR進化素材などを獲得できる。

「『○○禁止』は危険だと思った」 元ネトゲ廃人の話から得た考え描く漫画に反響集まる

何事もほどほどの経験をした方がいいのかも。

ネットマーブルは、10月10日(木)、『TERA ORIGIN(テラ オリジン)』の正式サービスを開始した。事前登録キャンペーンなどの報酬として、 無償ブルージェム2,400個や100,000ゴールド、 装備ガチャチケット3枚など、 プレイに役立つアイテムがプレイヤー全員にプレゼントされる。ゲームを快適に進められるイベントやキャンペーンが盛りだくさん『TERA ORIGIN』では、 正式サービス開始にあわせて様々なゲーム内イベントを実施する。 MMORPGの魅力である他プレイヤーとの共闘や対戦が行えるコンテンツから50vs50の大規模PvP「神話の戦場」や、 全プレイヤーが同レベルの条件下で戦う3vs3のPvP「カイアの戦場」への参加や勝利でプレイに役立つ報酬がもらえる他、 ギルドの設立や加入などでも大量のブルージェム(ゲーム内通貨)を獲得できる。その他、 毎日ログイン時にアイテムがもらえ

オンラインゲーム向け低遅延技術「GGPO」がオープンソース化!―多数の格闘ゲームなどで実績

【独占取材】フェイスブックは「Horizon」で何を目指すのか?

2019年9月末に開催されたOculus Connect 6(OC6)で、フェイスブックはソーシャルVRサービ […]

Steam新機能「Remote Play Together」告知―“ローカルマルチ”がオンラインプレイ可能に、近日ベータ開始予定

ゲーム会社Blizzardが香港のeスポーツ選手を厳しく処分、原因は香港デモの支援。中国でビジネスをする企業が背負う政治的なリスクとは

人気ゲーム『ハースストーン』のプロ選手Chung “Blitzchung” Ng Wai氏が、Blizzard Entertainmentから厳しい処分を受けることになった。本件を介して、中国内の政治事情を読み解いていく。

『荒野行動』賞金総額1000万円のゲーム実況者コンテスト“荒野の光―Re:Start”が開始、オフライン決勝戦は11月24日に開催

2019年10月8日、Netease Gamesはスマホ用バトルロイヤルゲーム『荒野行動』において、賞金総額1000万円のゲーム実況者コンテスト“荒野の光―Re:Start”を開始させた。

App Storeで不審な「星5レビュー」が大量に投稿される謎現象 わずか1週間で5000件、「星5」でも開発者が恐れる理由とは

レビューの意図は何なのか、被害者に見解を聞きました。

WeMade Online、2018年12月期の最終利益は4200万円

WeMade Onlineは、10月8日付の『官報』に第15期(2018年12月期)の決算公告を掲載し、最終利益は4200万円だった。同社は、韓国WeMade Entertainmentグループのオンラインゲーム運営会社で、PCオンラインゲームなどの運営や現地開発などを行っている。『Soulworker』(ソウルワーカー)のほか、『SiLKROAD Revolution(シルクロードレボリューション)』『ICARUS ONLINE』『ICARUS ONLINE』などを運営している。 

ActivisionがマルチプレイのNPCに関する特許を出願。人間との見分けをつき難くするため、プレイヤーのあらゆる情報を収集して利用

『Call of Duty』シリーズなどを展開するActivisionが、ゲームのマルチプレイで利用するNPCに関する特許を出願し、その内容が一般に公開されていたことが明らかになった。マルチプレイにおけるNPCを形作るためのシステムや手法の特許。

「政治的発言でプレイヤーをBANすることはない」Epic Gamesが海外メディアに伝える

インゲームは、本日(10月9日)15時より、新作HTML5放置系MMORPG『放置コンクエスト』のサービスを開始したことを発表した。なお、本作はちびキャラを率いて出陣し、乱世を平和に導く戦略系MMORPG。現在、ゲーム内ではサービス開始を記念するイベントも開催している。■累計ログインでレア武将「趙雲」&「関羽」をプレゼント!サービス開始後、累計ログイン日数に応じて、大量の黄金や銅貨などの豪華特典報酬が貰える。その中でも目玉となるのは、レア武将の「趙雲」と「関羽」となっている。▼武将紹介・趙雲公孫瓚が劉備に随行させ、後に劉備の配下となった五虎大将軍の一人。長坂坡の戦いでは単身、劉備の嫡子を抱いて、曹操の大軍の中を駆け抜けた度胸がある勇将。スキル:白竜吟効果:敵に大ダメージを与え、さらに目眩効果を付与する。・関羽劉備・張飛の義兄弟。武力と知力を兼ね備えた最強の名将。特に義理人情に厚く、捕虜とし

 ネットマーブルは、Android/iOS用大規模アクションMMORPG「TERA ORIGIN(テラ オリジン)」を10月10日に配信する。基本無料でビジネスモデルはアイテム課金制。

 X-LEGENDENTERTAINMENTJAPANは本日,MMORPG「幻想神域-AnotherFate-」にて,ダンジョン「魔王奇譚」のシリーズ第5弾「不滅龍タラムダン編」のほか,幻神「フェンリル」の★3進化スタイルを実装するアップデートを実施した。幻神バトルイベント「日月の決裂」も開催中だ。

 ゲームオンは2019年10月9日,PC向けオンラインRPG「黒い砂漠」において,新エリア「クラトゥカ古代遺跡」を追加するアップデートを実施し,それを記念したドロップアップ&プレイタイムイベントを開始した。さらに,パール商店には過去に販売されたハロウィンアバターが再登場している。

Blizzard Entertainment,インタビューで大会規約に違反した香港出身選手の処分を発表。同社内からは,処分に反対する声も

 BlizzardEntertainmentは,現地時間の2019年10月8日,「ハースストーン」世界大会のインタビューで大会の規約に違反した選手の処分を発表した。香港で起きている抗議デモのスローガンを発したというもので,資格と賞金の剥奪などが行われるという。ただし,同社内にはこの処置に反対する声もあるようだ。

 ゲームオンは2019年10月9日,MMORPG「TERA:TheExiledRealmofArborea」において,新たな冒険の舞台となる大陸「空島“エクソドール”」を追加する大型アップデートを実装した。それに合わせて,レベル65から67までのキャラクターをレベル68まで急成長させられるジャンピングキャンペーンがスタートしている。

ネクソン、MMORPG「Tree of Savior」 ラテアートが楽しめるコラボを原宿で開催 コラボメニューにグッズくじ、ファンにはたまらない空間

 ネクソンはPC向けMMORPG「Tree of Savior」において、原宿のカフェ「ラテアートカフェ リシュー」とのコラボレーションを行なう。期間は10月11日から27日まで。

海外:62人対戦をサポートしたRTS「War Selection」のアーリーアクセス版がリリース。石器時代から現代までをテーマにした歴史ストラテジー

 ロシアのGlyphWorldsが開発中のRTS「WarSelection」のアーリーアクセス版がSteamでリリースされた。石器時代,青銅器・鉄器時代,中世,そして現代という4つに分けられた世界の歴史を進んでいくという本作。ダウンロードは無料だが,月額課金のビジネスモデルが採用されている。

韓国Gravityの日本法人グラビティゲームアライズは、『ゆめいろファンタジーラテール』のサービスを10月16日15時より開始する。本作は、PCオンラインゲーム『トキメキファンタジーラテール』のスマートフォン向けオンラインRPG。「イリス」「サラスヴァティ」「黒月姫」など全てのキャラクターが新規描きおろしされており、『トキメキファンタジーラテール』から続く新たなストーリーが展開される。■いつでも気軽に遊べる!ヒロインはひきこもり!? 笑いや涙を誘うストーリーをスマートフォンならではのお手軽な操作で楽しめるオンラインRPG。アクションが苦手でもオート機能が目的地への移動や、敵との戦闘をアシストしてくれる。も楽しく異世界生活を満喫しよう!■みんなで遊べる!冒険で出会った人たちとパーティーを組んで一緒にダンジョンを攻略したり、仲良くなった人たちとフレンドになったり、ギルドを結成しよう。チャットで

 KOGがサービス中のオンラインRPG「KurtzPel」にて,2019年10月10日のアップデートで新クラス「セイクリッドガーディアン」が実装される。これは両手持ちのハンマーで戦うクラスで,回復や復活スキルによるサポートも可能とのことだ。

 Netmarbleは本日(2019年10月9日),10月10日にリリース予定のスマホアプリ「TERAORIGIN」の事前ダウンロードを,AppStore&GooglePlay両ストアにて開始した。また,配信開始日より動画クリエイター6名による先行プレイ映像をリレー形式で順次公開するという。

海外:基本無料プレイの2.5Dマルチプレイシューター『Armajet』正式版配信開始

韓国:韓国NCSOFT,「Lineage 2M」の事前キャラクター作成を10月15日12:00より開始

『PUBG MOBILE』で不正をすれば“10年BAN”される。取り締まりをさらに強化

『PUBG MOBILE』運営チームは、9月の不正レポートを発表。運営チームは、不正はフェアで楽しいプレイヤー環境を著しく損ねるとし、不正者に対しては10年間のBANをおこなうと発表した。

TERA
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 次へ >>