MMOニュース 国内ゲームニュース 海外ゲームニュース 業界ニュース プレスリリース倉庫

MMOに関するニュースへのコメント掲示板です。
掲載ニュースは新作情報やβテストなどの稼動スケジュールに関するニュースのほか、運営会社や業界の動向など。
New! は新着12時間以内の記事、Hot! は3日以内にコメントがあった記事です。

ビッグなキタキタおやじが『メイプルストーリー』に襲来!? 『グルグル』コラボや12月12日の決戦開幕が告げられた“Maple Party 2018”リポート New!

2018年10月20日、『メイプルストーリー』のファンが集うオフラインイベント“Maple Party 2018”が開催された。秋冬の最新アップデートをはじめ、さまざまな催しが行なわれた会場の模様をお伝えしよう。

クラウドファンディングとゲームの関係がもたらす新たな展開

​CTWは、10月20日より、 新作HTML5ゲーム『ナイトメアクロノス』の事前登録受付を開始した。事前登録の人数に応じて、 ゲーム内で使用できる豪華アイテムをプレゼントする。本作は、魔王が蔓延る世界の解放を目指すダークファンタジーMMORPG。勇者として召喚された世界で爽快バトルが楽しめる。・自動レベリング機能 オフライン時でも経験値を獲得し、 ログインしたときにはレベルアップされているレベリング機能を実装。・多彩な職業 3つの職業に別れており、ゲームを進めることで更に転職を選べる。5つの固有アクティブスキルのほか、 多数のパッシブスキルがある。転職することで更に強力なスキルを獲得し、 絶大なダメージで敵を薙ぎ払うことができる。 ・過酷な環境を生き延びろ 従来のプレイヤー同士協力してモンスターを倒すMMORPG要素のほか、モンスターを倒した際の報酬

App Store売上ランキングの1週間を振り返る…GAMEVIL COM2US Japanの新作MMORPG『ヴェンデッタ』がTOP20と好調な出足

10月15日~15日のApp Storeの売上ランキングの動きを振り返ろう。注目は、やはり10月18日にリリースされたGAMEVIL COM2US Japanの新作『ヴェンデッタ(VENDETTA)』がリリース翌日に上位に飛び込んできたことだろう。美麗なグラフィックが特徴の3DアクションMMORPGとなっており、キャラクターメイクやプレイの自由度の高さも魅力だ。事前の注目度の高かった。【関連記事】・GAMEVIL COM2US Japan、スマホ向け3D MMORPG『ヴェンデッタ』の正式配信を開始! 事前登録30万人達成までの全報酬を全員にプレゼントまたコロプラの新作アクションゲーム『バクレツモンスター』はリリース当日の10月17日、アクセスが殺到しサーバー障害が起こるなど、やや立ち遅れた感があったが、金曜日にはTOP50に入った。今週末から石田明さんと箭内夢菜さんを起用したテレビCMの

LINE、「LINE QUICK GAME」のユーザー数が300万人を突破 10代~20代前半のユーザーが中心…口コミを介してユーザー数が増加

LINE<3938>は、「LINE」上でゲームが楽しめるゲームサービス「LINE QUICK GAME」のユーザー数が300万人を突破したと発表した。「LINE QUICK GAME」は、専用アプリケーションのインストールが不要で「LINE」のトーク画面上でプレイすることができるHTML5ゲームサービスとなる。ユーザーは「LINE」アプリさえあればプレイすることができるので、簡単手軽にゲームを楽しむことができる。LINE友だちと連携することもでき、通常のパズルゲームやシューティングゲームなどのジャンルだけでなく、チャットや「LINE」の各機能を活用したゲームなども提供を予定している。 「LINE QUICK GAME」は、「LINE QUICK GAME」LINE公式アカウントを登録さえしていれば「LINE」のトーク画面上で簡単にプレイできること、そして「LINE」で

ゲームを生み出すには過酷な労働が必要なのか?『RDR2』開発者の週100時間労働告白が「働き方」議論を加熱させる

『レッド・デッド・リデンプション2』の開発を率いるRockstar GamesのDan Houser氏が、同作を作り上げるために週に100時間労働したことがあると告白したことが波紋を呼んだ。そして労働に関する話題は、海外を大きく揺るがす議論のテーマとなっている。 The post ゲームを生み出すには過酷な労働が必要なのか?『RDR2』開発者の週100時間労働告白が「働き方」議論を加熱させる appeared first on AUTOMATON.

Blizzard,オフラインイベント「JAPAN BLIZZCON PUBLIC VIEWING PARTY」を11月3日に開催

 NetEaseは、Android/iOS用バトルロイヤルゲーム「Cyber Hunter」のベータテストを、日本時間の10月19日22時から10月26日19時まで開催する。

Netmarble(ネットマーブル)は、 『リネージュ2 レボリューション(Lineage2 Revolution)』において、新種族「オーク」を追加するアップデートを10月18日に実施したと発表した。また、これを記念して、「レッドダイヤ 30,000個」を獲得できるイベントを開催する。<以下、プレスリリースより>◆ 遂に新種族「オーク」参戦!Lv180 & +20UR 装備着用で始められる!本アップデートより、無尽蔵の力と強靭な精神力を持つ新種族「オーク」を実装いたしました。「オーク」は、レベル 180の2 次職業から冒険を始められます。さらに、+20UR ランク装備も初めから支給されているため、初めて『リネージュ 2 レボリュー ション』をプレイされる方でも、他種族に比べて圧倒的に有利な状態からゲームを始めることが可能です。「オーク」の実装に合 わせて豪華報酬を受け取

ベクター、第2四半期は18%減収・赤字幅拡大 前期リリースタイトルの収益伸び悩み

ベクター<2656>は、本日(10月19日)、第2四半期累計(4月~9月)の決算を発表し、営業収益4億6400万円(前年同期比17.8%減)、営業損益1億3200万円の赤字(前年同期9200万円の赤字)、経常利益1億3100万円の赤字(同8200万円の赤字)、最終損益1億3300万円の赤字(同8300万円の赤字)と減収・赤字幅拡大となった。 主力のオンラインゲーム事業の営業収益は、前期にサービスを開始したゲームの営業収益が伸び悩み、前年同期と比べて減収となった。利益面では、前年同期に発生した退職金などがなかったことで営業費用が減少したものの、減収分を補いきれなかったようだ。ソフトウェア販売も前四半期に実施した施策が振るわなかった。各事業別の数字は以下のとおり。 2019年3月通期の予想は非開示。第3四半期累計(4~12月)については、営業収益8億円(前年同期

海外:F2Pチーム対戦FPS『Dirty Bomb』開発終了―サーバーは継続し「All Merc Pack」ユーザーへは返金も

中国Steamユーザーが3,000万人突破か―海外アナリストが報告

 CTWは本日,HTML5ゲーム「覇道-HADO-」を正式リリースした。群雄割拠の世を制し,覇道の頂を目指すMMORPG。片手で快適にプレイできるオートプレイに対応しており,組み合わせは無限大という豊富な装備カスタマイズを楽しめる。β版のプレイデータを引き継いでプレイ可能だ。

eスポーツ運営の人材を育成する「eスポーツマネジメントコース」が2020年に開設。JAPANサッカーカレッジとeスポーツジャパンが業務提携を発表

 JAPANサッカーカレッジとeスポーツジャパンは,2018年10月18日に東京都内において業務提携の発表会を行った。両社は2020年度から「eスポーツマネジメントコース」を新設し,大会運営やマネジメントに携わる人材を育成していくという。本稿では発表会の様子をお伝えしていこう。

モバイルファクトリー、終了したゲームのアイテムをユーザーが保有できるDApps「HL-Report」を発表…『レキシトコネクト』のキャラデータから開始

モバイルファクトリー<3912>の100%⼦会社のビットファクトリーは、本日(10月18日)、終了するゲームアプリのデータをブロックチェーン上に移⾏することで、サービス終了後でもトークンとしてユーザーが財産権をもち、データを閲覧できる DApps「HL-Report」をリリースしたことを明らかにした。「HL-Report」は、モバイルファクトリーが運営し、2018年9⽉19⽇に終了した位置情報ゲーム『レキシトコネクト』のトークン化されたキャラクターなどのデータが閲覧できるDApps。『レキシトコネクト』でユーザー⾃⾝が育ててきたキャラクターなどのゲームデータをブロックチェーン上で閲覧できる。これまでユーザーがゲーム内で育てたキャラの財産権は運営会社にあるため、サービスが終わると削除されたが、ブロックチェーン技術を利⽤し、運営会社からの貸与ではなく、トークンとしてユーザーが所有で

GAMEVIL COM2US Japanは、本日(10月18日)11時より、スマートフォン向け3D MMORPG『ヴェンデッタ(VENDETTA)』の正式配信を開始した。本作は、日本におけるMMRPGの中で最高峰のグラフィック、アクションを誇るタイトルとなっている。自由度の高いキャラクターメイキングで世界に1体だけのキャラクターを作り、広大なオープンワールドでの冒険を楽しもう。さらに、大きな特徴と言えるのが、自由自在な操作性と高いアクション性だ。従来の固定された視点で進行するモバイルMMORPGではなく、美麗なグラフィックで表現されたゲームの世界を360度見渡すことができる。■事前登録報酬をゲットしよう!事前登録者数が30万人を突破し5万人達成から30万人達成までの全報酬をプレイヤー全員にプレゼントする。「マジックストーン1,000個」「秘薬Ⅱ 200個」「ルビー200個」「スコールの破片

 WebzenJapanは,PC向けMMORPG「ミュー奇蹟の大地」に,「UPDATESEASON13PART1」を本日実装した。新マップや新装備の追加,レベルキャップの開放を始めとした,盛りだくさんの内容となった本アップデート。レベルキャップは「920」が「1000」になるという,大幅な開放だ。

コロプラ<3668>は、本日(10月17日)、新作ゲームアプリ『バクレツモンスター』の正式サービスを開始した。本日16時にリリースした後、アクセス殺到によるサーバ障害に伴い、一時サービスを停止していた。ゲームでは、現在、星4確定のチュートリアルガチャなど最大40連のガチャが引ける事前登録キャンペーンや「ポプテピピック」コラボガチャを行っている。本作は、簡単操作で爽快なアクションが楽しめる対戦型アクションゲームで、インディゴゲームスタジオが開発している。多種多様なモンスターたちが登場して バトルを盛り上げる。また モンスターを集めたり、 お気に入りのモンスターを育てたりできることも楽しみの一つとなる。さらにマルチプレイ対応や 緊張感のある駆け引き、 爽快なアクションなど全国のプレイヤーとの熱いバトルが楽しめる。 【関連記事】・コロプラ、『バクレツモンスター』リリースもサ

 X-LEGENDは本日,MMORPG「幻想神域-CrosstoFate-」の5周年を記念して大規模リニューアルアップデートを実施すると発表した。このアップデートでは,多くのコンテンツが大きく変更され,久しぶりに遊ぶ人も新規で始める人も楽しめるとのこと。また,サービス環境や課金なども調整されるという。

韓国:PC向けオンラインゲーム「風の王国」のIPをベースとしたスマホ向けMMORPGの制作が発表に。2019年に配信予定

 NexonKoreaは,PC向けオンラインゲーム「風の王国」のIPをベースとする,スマホ向けMMORPGの制作を発表した。対応プラットフォームはiOSならびにAndroidで,2019年の配信を目標に開発が進められているとのこと。

 ゲームオンは,PC向けMMORPG「TERA:TheExiledRealmofArborea」に,新ダンジョン「リアンの古城」を本日実装した。2018年10月10日に実装となった「テネブリス城砦」よりも難度の高いというリアンの古城。最上位難度となる「誑惑されたリアンの古城」の前哨戦として,挑戦してみよう。

Google Play全期間でのゲーム世界消費支出ランキングは「パズドラ」が第1位。App AnnieがGoogle Playの10年を振り返るレポートを公開

 2008年10月23日の,AndroidMarketとしての開設から,今年(2018年)で10周年を迎えるGooglePlay。アプリ市場データと分析ツールを提供するAppAnnieは本日,データからGooglePlayの歴史を振り返るというレポートを公開した。過去10年の,アプリのランキングとトレンドを俯瞰できる内容だ。

幻想神域

 ベクターは本日(2018年10月16日),PC向けの新作ブラウザゲーム「DRAGONREVENGE」を発表,合わせて同作のティザーサイトを公開した。サービス開始は2018年内を予定しているとのことだ。

ネクソン<3659>は、本日(10月16日)より、今冬に国内配信予定のモバイル向け新作フィールドバトルアクション『FAITH - フェイス』のGoogle Playでの事前登録を開始したことを発表した。本作は、「連合国ガラノス」と「神聖帝国ダルカン」という2勢力による熾烈な抗争をテーマとした、フィールドバトルアクションゲーム。プレイヤーは2つの勢力に分かれ、広大なオープンフィールドを舞台に、それぞれの正義・信念をかけたバトルを繰り広げる。フル3Dで描かれたキャラクターを操り、軽快で爽快なアクションと、最大150人のプレイヤーが入り交じる大規模戦をはじめとする多彩なバトルコンテンツを楽しもう。■Google Playでの事前登録を開始!『FAITH』公式サイト、Twitter、LINEに加え、Google Playでの事前登録を開始した。Google Playで事前登録を行うと、

経済産業省、オンラインプラットフォームと事業者の間の取引関係に関する事業者向けアンケート調査を実施中

​経済産業省は、10月9日より、オンライン・プラットフォームと事業者との間の望ましい取引環境整備の在り方について検討するため、「オンライン・プラットフォームと事業者の間の取引関係に関する事業者向けアンケート調査」を行っている。オンラインプラットフォームを利用している事業者が対象となる。当然、スマートフォンゲームの開発会社も対象になる。ウェブサイトから回答することができ、10月22日まで受け付ける予定だ。この調査は、事業者のビジネスにとっての「オンライン・プラットフォーム」)の重要性や、オンライン・プラットフォーム事業者と事業者との間の契約・実務慣行について、広く調査を行い、実態を把握することが目的とのこと。ここでいう「オンライン・プラットフォーム」は、オンライン・ショッピングモール、アプリ・音楽・映像・書籍のコンテンツストア、オンライン旅行・レストラン予約サービスなどを広く含んでいるとのこ

 2018年10月16日,GAMEVILCOM2USJapanは,10月18日にサービス開始を予定しているスマホ向け新作MMORPG「ヴェンデッタ(Vendetta)」で,アプリの事前ダウンロードを開始した。今回配信されたアプリでは,一足早くキャラクターメイキングを楽しめるので,サービスが待ちきれない人は試してみよう。

海外:サンドボックスMMORPG『Ember Sword』発表!―プレイヤーによりコンテンツが創造

​EYOUGAMEは、大型ファンタジー系MMORPG『Aetolia 冒険のラプソディー』において。新システム「使い魔システム」を実装したと発表した。<以下、プレスリリースより>【使い魔システム】​使い魔とは、不思議な生き物がこのエトリアの世界に生息しています。可愛くて、圧倒的な戦力の持ち主であります。レベル64以上なると、使い魔が召喚できるようになります。新しい仲間が増えました!戦闘の支援として、キャラの戦力は大幅にアップするだけではなく、使い魔は各々が特殊スキルを持ち、戦闘時には効果的なスキルを自動で発動させ敵と戦ってくれます。今開放された使い魔8匹であり、これからもっと使い魔を追加する予定です。使い魔にR、SR、SR+、URという四つのレアリティに分かれています。レアリティが上昇すれば、ステータスがアップだけでなく、特殊の天賦スキルも解放されます。【最大6匹!使い魔戦隊で出撃せよ】メ

たった一週間でオンラインが動いた!ネットワークエンジン「Photon」を活用した『FINAL FANTASY XV WINDOWS EDITION』の開発者に聞く

『Dead by Daylight』「スポーツマンシップにそぐわない行動」へのBAN期間が変更へ

PS4で、受け取るだけで本体がクラッシュさせられてしまう凶悪なメッセージが蔓延中。解決されるまで対処推奨

PlayStation 4にて、特定のメッセージを受け取った際に本体がクラッシュし、アカウントが使用不可能になるという不具合が見つかった。特殊文字が含まれたPSNメッセージを”受け取る”だけでPlayStation 4本体が機能不全に陥ってしてしまう。 The post PS4で、受け取るだけで本体がクラッシュさせられてしまう凶悪なメッセージが蔓延中。解決されるまで対処推奨 appeared first on AUTOMATON.

大規模なオンラインマルチプレイを導入できる「SpatialOS」Unity向けのGDKが配信開始。200人対戦FPSをテンプレートに用意

イギリスに拠点を置くテクノロジー企業Improbableは10月10日、同社が提供するクラウドベースのゲーム開発プラットフォーム「SpatialOS」のUnity向けGame Development Kitを公開したと発表した。正式に対応した形だ。 The post 大規模なオンラインマルチプレイを導入できる「SpatialOS」Unity向けのGDKが配信開始。200人対戦FPSをテンプレートに用意 appeared first on AUTOMATON.

Cygamesは、『グランブルーファンタジー』において、10 月 14 日(日)より、登録者数2200万人突破キャンペーンを開催することを発表した。■登録者数 2200 万人突破キャンペーン開催!●全体開催期間2018 年 10 月 14 日(日) 5:00 ~ 10 月 27 日(土) 4:59●実施内容【1】1 日 1 回 レジェンドガチャ無料キャンペーン期間中、1 日 1 回「レジェンドガチャ」を無料で引くことができる。開催期間:2018 年 10 月 14 日(日) 5:00 ~ 10 月 27 日(土) 4:59※毎日 5:00 に更新されます【2】2200 万人突破記念スタンプログインキャンペーン期間中、毎日の"ログインボーナス"に【宝晶石】200 個を追加してプレゼント。開催期間:2018 年 10 月 14 日(日) 5:00 ~ 10 月 27 日(土

Blizzardが『Diablo III』のクロスプレイ実現に取り組んでいることが判明―海外メディア報道

ウインライト、ガラケーとスマホ、Switchなど仕様が全く異なるPFで同一環境のPlayが可能なオンラインゲームを実現

ウインライトは、自社のマルチプラットフォーム技術開発によって、フィーチャーフォン(ガラケー)とスマートフォン(android、iPhone等)とNintendo Switchなど仕様が全く異なるプラットフォームで同一環境のPlayが可能なオンラインゲーム(エレメンタルナイツオンラインR)を9月27日に実現したと発表した。<プレスリリースより> 【ウインライトクロスプラットフォーム技術】特徴:1、ゲーム内のデータやデバイスごとの通信プラットフォームに依存せずに保持することが可能2、他プラットフォームへの展開が、ゼロスタートではなく、改善や新機能の蓄積が大きい3、サーバー側の処理割合を増やすことで、クライアントの仕様に左右されづらい4、通信環境の変化に強い技術・体制:1、データベースの一元化企画の違うハードウェアプラットフォームでも自社認証システム(ウインライトconnectシステム

現実とゲームの“音”がブレンドする新感覚「ポケモンGO」が登場六本木ヒルズイベントで「ポケモンGO」、「Ingress」の未来を体験

 六本木ヒルズは10月12日より、体験型イベント「INNOVATION TOKYO 2018 - AR Playground with Niantic -」を開催している。期間は10月21日まで。

スクウェア・エニックス、オンラインTCG「戦国IXA」8周年記念のオフラインイベント「同盟の陣」をレポート。新規情報とイベントの模様を紹介しよう

テレビ局のアナウンサーがesportsキャスターへ転向。“ゲーム愛”が強すぎたことがその理由!?

朝日放送を退社したアナウンサー・平岩康佑氏が、esports実況業務に特化した会社ODYSSEY(オデッセイ)を設立し、esportsキャスターへ転身したことは大きな話題となった。その平岩氏に、esportsキャスターに転向した理由や経緯、そしてゲームに対する思いなど、さまざまな事柄について聞いた。

戦国IXA

アソビモは、本日(10月11日)、スマートフォン向け正統派MMORPG『トーラムオンライン(Toram Online)』において、新機能「栽培&料理」の追加を含むアップデートを実施する。新機能「栽培」では、「マイルーム」のメニュー「庭の管理」から菜園に移動して様々な植物の栽培や管理を行う。栽培する際に多くの薬品ポイントを投入すると、より高品質な植物が育つ。高品質な植物からは、より多くの食材ポイントやアイテムを収穫できる。収穫によって獲得した食材ポイントを使用して、様々な料理を作成できる。「マイルーム」室内に設置している調理系家具の前に立つとアイコンが出現。アイコンタップで作成可能なメニューを確認できる。自分で作成した料理はもちろん、他のプレイヤーが作成した料理を「つまみぐい」もできる。なお、料理を食べると様々なバフ効果を得られる。色々な料理を作って食べて楽しもう。期間限定ボス「死霊使いウサ

 DMMGAMESは,ファンタジー世界を舞台にしたMMORPG「Skyforge」のオープンβテストを本日,開始した。テスト期間は発表されていないが,OBTのデータは正式サービス後も引き継げるという。また,BitCashプレゼントキャンペーンも合わせて行われている。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 次へ >>